The Ruby Nano Qとは

革新的な3波長発振レーザーによる肌への負担が少ない
新しい治療のかたちが始まります

ダウンタイム(カサブタができたり、テープやガーゼを貼ったりしないといけない期間)が生じます。
施術の際には事前に医師よりご説明を徹底しております。

The Ruby Nano_Q [ザ・ルビー]

シミ対策

ザ・ルビーnano_Qは、非常に高いピークパワーを安定して照射できるように設計されています。強力なエネルギーは皮膚の深部へ到達し、深在性色素疾患に高い反応を示します。
さらに、独自技術のカライドスコープにより、治療効率を高め、副作用の少ない治療を実現します。

カライドスコープによる均一・均等なエネルギー照射が可能なことで、副作用のリスク軽減、良好な創傷治癒が期待でき、治療にかかる時間を短縮します。

ザ・ルビー nano_QのQスイッチモードは、真皮メラノサイトーシスなどの治療時に、強力なレーザー光で深部のメラニン顆粒を確実に破壊します。この時、同時に発生する衝撃派によって、メラノサイトも損傷するため、再発しないとされています。また、真皮内で破壊されたメラニン顆粒は粉々になるため、マクロファージに貪食されることで、次第に色素が消退していきます。

10mmまで

5,500円(税込)
以降、5mmまで5500円ずつup

1発(ソバカス、ホクロなど)

550円(税込)

くっきりしたシミの治療例ダウンタイムあり(約2週間)

治療では、輪ゴムではじかれたような軽い痛みを伴います。
その日のうちに入浴・洗顔していただけます。レーザー照射部位には数日以内にカサブタを生じます。

不必要な刺激を避けるためにカサブタが取れるまでの約2週間はテープ保護が必要となります。(テープの上から優しく洗顔、化粧は可能です。)
7 ~14日後に再診していただきます。

カサブタが取れた後はきれいなピンク色になりますが、その後1カ月くらいの間に3~4割の方には炎症後色素沈着(ヤケドの跡のシミのようなもの)が生じます。
適切なスキンケアにより数カ月で薄くなっていきますが消失するまでの期間には個人差があります。

レーザー照射前

2週間後

キレイにとれました

シミ(大きさ約15mm)に対し、レーザーを照射しました。 11,000円(税込)

炎症後色素沈着の経過例

傷やニキビ・虫刺され・かぶれなどによる炎症が起きた後に、シミになって色素沈着したものが「炎症後色素沈着」です。

炎症後色素沈着は時間の経過で自然に消えることもありますが、消えるまでに数年かかることもあり、更に日焼けすることによって色素沈着がより目立つようになる場合もあります。

レーザー照射前

2週間後

6週間後に出現

12週間後に消失

レーザー治療の6週間後の再診時には色素沈着が出現しました。特に施術等はしないまま、12週間後に時間の経過と共に消失した例です。

口唇の色素斑の治療ダウンタイムあり(約7日)

口唇の色素斑もきれいにできます。
かさぶたは3~7日後に取れます。

施術前

照射1ヶ月後

ダウンタイムは7日程度、1発550円(税込)です。

ほくろの治療ダウンタイムあり(7日~14日)

ほくろも色をを薄くしたり、消すことが可能です。
Qスイッチレーザーを照射して消えていたほくろが2年ほどして再発。再照射しました。
7年経ちますが再発はありません。

そばかすは1回で取れる事が多いですが、ホクロは2〜4週間毎に照射し5〜6回かかる可能性が高いです。1回につき料金が発生いたします。

施術前

照射3日後

照射7年後

ダウンタイム7日~14日 6発で3,300円(税込)

肌や毛のお悩みなど、レーザーやクリームなどによる治療をご提案しています。
10代から80代の方まで男性女性を問わず、治療させていただいております。