OHNO Dermatolgy Clinic   神戸西区 皮膚科・美容皮膚科
item19
           
item7
         
 
 美容皮膚科(自費診療、別途消費税要)
 
         
  item11

美容クリーム(ハイドロキノン、トレチノイン)、ビタミンCローション、ALEX trivantage 、ePlusを組み合わせることにより、ひとりひとりのご希望にあわせた治療が可能となりました。
できるだけ安い治療、レーザーは恐いからクリームのみの治療、人前にでる仕事なのでダウンタイム(傷ができたり、テープを貼ったりしないといけない期間)の無い治療、とにかく早く・確実にシミを薄くしたい、たるみを改善したいなど・・・
ご希望にあわせてプランを立てさせていただきます。
クリームがよく効いて満足される方、途中からレーザー照射をご希望される方、一番気にしていたシミがきれいになったら次のシミが気になる方、20代から80代の方まで男性女性を問わず、治療させていただいております。

「このシミは良性なのか?治療には保険が効くのか?テープを貼る治療になるのか?自費だといくらかかるのか?」と、ご希望の方はお気軽にご相談ください。
盛り上がっているシミに関しては保険治療が適応、盛り上がっていないシミは自費治療となる場合がほとんどです。


<料金>
初診料:3,000円、再診料:1,000円
シミ:10mmまで15,000円、以後5mmまで+5,000円ずつ
(小さい点状のシミが多数ある場合には1ショットにつき1,200円でも対応可)
肝斑:両頬10,000円/1回

<院内製剤>

・ハイドロキノンクリーム 3000円
ハイドロキノンの、メラニン生成を抑制する働きにより、シミを薄くし、シミの発生を予防します。また、ベースに保湿クリームを使用しているため、お肌のしっとり感、化粧ノリの良さなども実感していただけます。

・トレチノインクリーム 4000円〜
トレチノインには以下の効果があります。
1、表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促し、角質をはがします。
2、皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。
3、真皮でもコラーゲンの生産を高め、長期的には皮膚の張り小じわの改善をもたらします。
4、表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の生産を高め、皮膚をみずみずしくします。
上記メカニズムにより、
頑固なメラニンを追い出し、シミを薄くします。
また、毛穴の引き締め効果、にきび予防、お肌のしっとり感などにつながります。
ただし、一過性にお肌がガサガサする事がありますので、個人差はあるものの、使いにくい方もおられます。

・ビタミンCローション 3900円
高浸透型ビタミンCを用いており、ビタミンCが角層、表皮をこえて真皮にまで浸透します。
これまでのビタミンCローションに感じられた、乾燥症状は改善しています。
1、メラニン合成の抑制
2、強力な抗酸化作用
3、皮脂分泌抑制
上記メカニズムにより、
お肌のトーンを明るくし、日焼けなどによる肌トラブル、ニキビの改善などの効果があります。お肌がしっとり、もっちりしてきた、日焼け後のがさがさが少なくなった、ニキビが少なくなったなどの感想を多く頂き、リピーターが多いローションです。

クリームはお顔全体に塗られる方で1〜2か月に1個、しみだけに塗った場合は2〜3か月に1個程度、ローションは1か月に1本を購入される方が平均的です。

 
         
 
美容診療をご希望の方は受付にてその旨をスタッフにお伝え下さい。
美容診療に際しては治療希望部位の写真を撮らせていただきます。
(皮膚の状態を記録し治療効果の判定を正確に行うためです)
レーザー照射部位は化粧、日焼け止めを落として頂く必要があります。
照射希望部位はノーメイクで来院していだだくか、照射希望部位もメイクをして来院される場合には普段ご自宅で使用されているメイク落としとタオルを持参して下さい(かぶれ、肌荒れなどを防ぐためです)。
レーザー室に化粧スペースを御用意しております。
 
         
 

レーザー照射について


くっきりしたシミ
輪ゴムではじかれたような軽い痛みを伴います。
その日のうちに入浴・洗顔していただけます。
レーザー照射部位には数日以内にカサブタを生じます。
不必要な刺激を避けるためにカサブタが取れるまでの7〜14日間はテープ保護が必要となります。
(テープの上から優しく洗顔、化粧は可能です。)
7 ~14日後に再診していただきます。
カサブタが取れた後はきれいなピンク色になりますが、その後1カ月くらいの間に3〜4割の方には炎症後色素沈着(ヤケドの跡のシミのようなもの)が生じます。
適切なスキンケアにより数カ月で薄くなっていきますが消失するまでの期間には個人差があります。


 施術例1
照射前 2週間後 きれいにとれました
 施術例2
照射前 2週間後 
きれいにとれました
6週間後 
炎症後色素沈着が出現
12週間後 
色素沈着が消えています


         
 

盛り上がったカサブタの様なシミはQスイッチアレキサンドライトレーザーでは
効果が不十分な事があります。
炭酸ガスレーザーでは確実に処置が可能で保険が適応できます。
詳しくは「一般皮膚科」のページを参考にして下さい。



肝斑
肝斑の原因は、紫外線、女性ホルモンの影響、こすり過ぎetc多岐にわたります。
適切なスキンケア、美白剤の内服、外用にて症状はかなり改善いたします。
さらなる治療をご希望の方にレーザー照射(スタックレーザートーニング)をお薦めいたします。
レーザー照射後から化粧が可能です。
これまでは肝斑に対するレーザーはあまりお薦めできませんでしたが、最近では、Qスイッチレーザーを弱く当てて、顔のくすみや肝斑を目立たなくさせるレーザートーニングという方法が大変期待されています。

具体的には、波長1064-nm波長のレーザーハンドピースを使い、直径3mmの大きさのレーザー光をくすみや肝斑と思われる部位に低出力で3-4回重ねて照射する方法(スタックトーニング)で治療していきます。痛みはほとんどなく、治療後ほんのり赤みが出る程度の反応です。肝斑の場合、あまり強くレーザーを当て過ぎると逆に色が濃くなり悪化してしまうことが知られており、皮膚にマイルドに当てることが極めて重要となります。従いまして、治療回数も1回ではなく、2-3週間おきに5-8回行なうことをお薦めしています。このスタックトーニングを数週おきに繰り返すことで、メラニンを徐々に排出していきます。レーザートーニングによってメラニン細胞の突起が短くなり全体が小さくなってくるというデータも出ています。

当院で使用するアレックストライバンテージは、Qスイッチレーザーの中でもピーク出力が低いため、肝斑を悪化させる、あるいは部分的な色抜け(色素脱失)を起こすリスクがより少ない機種です。

ただ、肝斑そのものについては発生機序がまだはっきりしておらず、レーザートーニングで一旦は良くなっても、色が元のように濃くなってくる場合があります。お肌のメンテナンスとして定期的にレーザートーニングを受けられることも効果的です。紫外線の多い夏場に肝斑が悪化するケースも少なくありませんので肝斑が軽快しましても適切なスキンケアの継続が大事です。

 
   
 おおの皮膚科 神戸市西区池上2-21-4 池上医療ビル1F TEL:078-976-3945
   




▲UP ▲UP